サービス管理責任者の詳細

グループホームでリーダーを務めて頂くには、法律上、サービス管理責任者(通称、サビ管)という資格者である必要があります。
これは、下記いずれかの障害者支援に関する実務経験(内容により3年~10年)のある方が、サービス管理責任者研修(講義研修2日、実務研修3日)を受講すれば取得できるものになっています。

すでにサービス管理責任者をお持ちの方でなくても、実務経験部分を満たしている方であれば、入社後に取得費用は当社負担でサービス管理責任者研修を受講頂きますので、サービス管理責任者候補として採用させて頂きます。

実務経験年数早見表

業務範囲 業務内容 年数
相談支援業務(福祉施設) 障害福祉施設等において相談支援業務に従事する者
・障害児相談支援事業、身体障害者相談支援事業、知的障害者相談支援事業、障害児(者)地域療育等支援事業、市町村障害者生活支援事業の従業者
・児童相談所、身体障害者更生相談所、精神障害者地域生活センター、知的障害者更生相談所、福祉事務所、保健所、市町村役場の従業者
・身体障害者更生施設、知的障害者更生施設、障害者支援施設、老人福祉施設、精神保健福祉センター、救護施設及び更生施設、介護老人保健施設、指定居宅介護支援事業所の従業者
5年以上
相談支援業務(就労支援) 就労支援に関する相談支援業務に従事する者(障害者職業センター、障害者雇用支援センター、障害者就業・生活支援センターの従業者)
特別支援教育における進路相談・教育相談の業務に従事する者(盲学校、聾学校、養護学校の従業者)
その他これらの業務に準ずると都道府県知事が認めた業務に従事する者
5年以上
相談支援業務(医療機関) 医療機関において相談支援業務に従事する者で、次のいずれかに該当する者
(1)社会福祉主事任用資格を有する者
(2)訪問介護員2級以上に相当する研修を修了した者
(3)国家資格等(*)を有する者
(4)障害福祉施設等における相談支援業務に従事した期間が1年以上である者
5年以上
直接支援業務(福祉施設・医療機関) 施設及び医療機関等において介護業務に従事する者
・障害者支援施設、身体障害者更生施設、身体障害者療護施設、身体障害者福祉ホーム、身体障害者授産施設、身体障害者福祉センター、精神障害者社会復帰施設、知的障害者デイサービスセンター、知的障害者更生施設、知的障害者授産施設、知的障害者通勤寮、知的障害者福祉ホーム、老人福祉施設、介護老人保健施設、療養病床の従業者
・障害福祉サービス事業、老人居宅介護等事業の従業者
・保険医療機関又は保険薬局、訪問看護事業所の従業者
・その他これらの業務に準ずると都道府県知事が認めた業務に従事する者
10年以上
直接支援業務(就労支援) 障害者雇用事業所において就労支援の業務に従事する者
・特例子会社(障害者の雇用の促進等に関する法律に基づく子会社)、重度障害者多数雇用事業所の従業者
10年以上
直接支援業務(職業教育) 盲学校、聾学校、養護学校における職業教育の業務に従事する者 10年以上
有資格者等 上記②の介護等業務に従事する者で、次のいずれかに該当する者
(1)社会福祉主事任用資格を有する者
(2)訪問介護員2級以上に相当する研修を修了した者
(3)保育士
(4)児童指導員任用資格者
(5)精神障がい社会復帰指導員任用資格
5年以上
有資格者等 上記①の相談支援業務及び上記②の介護等業務に従事する者で、国家資格等(*)による業務に5年以上従事している者 3年以上

(*)医師、歯科医師、薬剤師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、社会福祉士、介護福祉士、視能訓練士、義肢装具士、歯科衛生士、言語聴覚士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む)、精神保健福祉士